お花

地域によって節分行事に準備する豆の種類は違う

今時の伝統行事事情

節分

落花生を使う地域も

節分の豆まきに使うのは、煎った大豆です。ただ、地域によっては落花生を使います。色々な地方の風習を真似する工夫を行うと、毎年の節分の豆まきが楽しいものになるはずです。落花生を使う地域で有名なのは、千葉県です。千葉は落花生の産地として名高いので、節分の豆まきに使われるのも納得です。ただ、特に産地ではなくても落花生を豆まきに使う北海道や東北、信越などの地域もあります。落花生は殻があるので、外にまいてもあとで拾って食べられる、と言う理由からこういった地方では豆まきに落花生が使われています。外まき用に殻つきの落花生、家の中では一般的な煎り大豆を使うご家庭も少なくありません。ちなみに、豆まきのあとは年齢の数だけ豆を食べますが、落花生の場合は殻つきのまま数えるケースが多いそうです。

大豆が選ばれた理由

節分の豆まきには、煎り大豆が使われるのが正式なやり方です。そもそもなぜ大豆が選ばれたのか、気になる方も多いでしょう。日本は豆類が豊富な国ですが、昔から米、麦、豆、ひえ、あわは五穀と呼ばれ特別な存在でした。五穀には穀霊が宿ると信じられていましたが、穀霊は悪霊を追い払う力があると言い伝えられています。そのため、食用として食べるだけではなく、様々な神事にも活用されてきました。特に大豆は米よりも大きく丈夫なため、悪霊を追い払うのに最適だと考えられ、節分の豆まきにも使われるようになった歴史があります。確かに米や麦をぶつけられるよりも、大豆を投げられる方がインパクトがあります。スピリチュアルな意味合いも強い食べ物なので、まいたあともきちんと拾って処分しましょう。

最も大切な人に贈る

お花

いつもお世話になっているお母さんを労いたい場合、母の日にプレゼントを贈りましょう。お母さんの好みが分からない時はカタログギフトを選択すると最適です。母の日の代表的なプレゼントと言えばカーネーションが存在しています。

詳細へ

いつもお世話になってる人

女の子

母の日に贈り物をする場合、自分の母親が担っている役割を考えてプレゼントを考えることが大切です。専業主婦であればクッキンググッズをプレゼントしてみましょう。また食品はすぐに口にしなければ傷んでしまいますので、プレゼントする際は注意が必要です。

詳細へ

日頃の疲れを癒してもらう

プレゼント

母の日には母親に家庭を離れて休んでもらえるようなプレゼントを贈りましょう。エステの券などが便利です。また普通とは違う母の日のプレゼントを贈りたい場合、オーダーメイドで指輪を作ると良いでしょう。自分がデザインした指輪が完成します。

詳細へ